Vision

アフリカと日本の架け橋となる

Mission

1.  より当事者に近い立場でありのままのアフリカへの理解を深める

架け橋となるためには、まずは私たちがアフリカを知らなければならない。メディア等によって作られた、世間一般的なバイアスのかかった「アフリカ」像を捨て去り、ありのままのアフリカの姿を理解する必要がある。そのために、団体内でのルワンダ勉強会やコーヒー勉強会を通して、アフリカに関する偏りのない理解を深める。

2.  より多くの日本人がアフリカに興味をもち

ありのままのアフリカを理解する機会を提供する

世界でも認められた高品質のコーヒーを学生が仲介し、日本に届けることで、日本の消費者にとって「遠い存在」であるルワンダを身近に感じて頂き、アフリカに興味を持って頂く。また、コーヒー事業以外でも、より多くの人がアフリカに興味を持てるようなイベントを催す。

 

History

  2010年9月

アフリカゼミの指導教員であった船田教授の紹介に預かり、ルワンダでコーヒー豆を生産する会社の経営者A. Immyさんと出会う。彼女の芯が強く温厚な人柄とおいしいコーヒーに魅かれ、彼女の会社のコーヒー豆を日本で売るというアイディアを発案。

  2010年10月

初代FemmeCafé発足。アイディアに賛同したアフリカゼミナールの生徒有志が集まり、2代表の山脇さん・崎山さんのもと、学生団体FemmeCaféを設立。

  2014年1月

第4代目FemmeCafé発足。それまでの「メンバーはアフリカゼミ生限定」といった枠を取り払い、新歓を行うなど、広く門戸を開く。その結果、メンバー数が25名(それまでの約2倍)まで増加。学内規模のサークルを超え、より大きな影響力を持つことを目指す。

  2017年1月

第7代目FemmeCafé発足。

 

Activity

「アフリカと日本の架け橋となる」ことを目指し、コーヒー販売会、コーヒー・アフリカ講習会、アフリカンウィーク、外語祭出店など、様々な活動を行っています。学内イベントだけでなく、さかいマルシェ・三鷹国際交流フェスティバルといった外部のイベントにも定期的に出店しています。