image1

「君の知らないアフリカ」

 

突然ですが、クイズです!

「アフリカ」ときいて思い浮かべるものを順に3つ答えてください。

 

貧困、病気、紛争、それとも動物、マサイ族?

 

全部、正解です。だけど同時に間違いでもあります。

 

ヨーロッパやアメリカ大陸、中国などがすっぽりと入るほど大きな大陸、アフリカ。日本国内に様々な社会・自然環境があるように、アフリカにも各地で全く異なる文化や特色がありその魅力や状況をひとことで語ることはできないからです。

 

アフリカンウィークス中には、「アフリカの、ふつうのひとの、ふつうの暮らし」に焦点をあてた5つの企画が行われます。「なんにもない」と思われがちなこの大陸が、なんと多様で豊かなことか!

 

あなたの知らないアフリカに、ぜひ会いに来てください。

 

アフリカンウィークス実行委員会代表   井出有紀

 

エチオピア映画 Teza 上映会

~アフリカからのメッセージ~

日時:12月10日(日)14:00-17:00
場所:アゴラグローバル プロメテウスホール(収容人数501名)
参加費:無料
お申し込み:不要
タイムテーブル:
14:00〜14:05 ご挨拶
14:05〜16:30 本編上映
16:30〜17:00 眞城百華先生(上智大学 エチオピア史研究)による映画の解説、講演会

S__10633273
S__10633272
映画詳細:

テザ 慟哭の大地/TEZA
★FESPACOグランプリ、ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞、カルタゴ アラブアジアン映画祭グランプリ他
長編 ドラマ 140分
制作年 2008年
制作国 エチオピア/ドイツ/フランス
言語 アムハラ語/ドイツ語/英語
監督 ハイレ・ゲリマ(監督/脚本/制作)
制作 カール・バウムゲルトナー
共同制作 マリー・ミシェル・カトラン、フィリップ・アヴリル
出演 アロン・アレフェ、アブヴェテドラ、アビエ・テディア

【あらすじ】

ドイツで医学を学びエチオピアへ帰国した主人公の姿をエチオピアとドイツを舞台に描く。母国へ帰国したアンバーバが直面したのは、マルクス主義メンギスツ政権の下、人々の人間性や社会的価値が奪われ疲弊した祖国の姿だった。喪失感と自身の無力さを実感するアンバーバ。留学で得た知識を祖国の医療改善に役立てたいという彼の夢は、科学者をも政治目的で利用する軍事政権によりつぶされてしまう。アンバーバは故郷の村に安らぎを求めようとするが、暴動から逃れられる場所はない。軍や暴徒による混乱の中幼少時代を過ごした故郷の思い出に癒される間もない状況でどう生きるのか決断を迫られる。この苦境に耐えながら生きるのか、希望を取り戻すことができるのか。

お問い合わせ: africanweeks.2017.tufs@gmail.com

S__10633274

▶︎▶︎▶︎facebook イベントページはこちら

アフリカンブリコラージュ写真展&関連企画

「アフリカ暮らし」


 アフリカの、ふつうの人の、ふつうの生活。「なんにもない」?「貧しい」?本当にそうなのでしょうか。確かに、お金や目的に合わせた便利なものはあまりありません。しかしだからこそ、人々は想像力・創造力を豊かに働かせて身近にあるものを大変身させます。それが、「アフリカン・ブリコラージュ」なのです。

image1

 当企画では、アフリカの日常に息づく様々な器用仕事(ブリコラージュ)を捉えた作品の他、当大学の学生・教員が「アフリカ暮らし」のなかで出会った様々なひと、ものの写真を展示します。

あなたのアフリカのイメージが変わる、そんな写真展にぜひ足を運んでみてください。あなたの世界の色も、ちょっとだけ、変わるはずです。

【写真展】

展示期間:12月4日(月)~12月22日(金)

8:00〜20:00
(17日(日)は除く。9日(土)13:00〜16:00、10日(日)13:00〜18:00は学内のアゴラカフェに、16日15:30〜19:30は学内の円形食堂に移動し特記の時間のみ展示)

場所:東京外国語大学 研究講義棟1Fガレリア

S__10035202

上:撮影: 近藤史

【アフリカン・ブリコラージュ関連講演会】

日時:12月18日17:40-19:10(6限)

講演会場所:東京外国語大学 研究講義棟 102教室

参加料:無料

お申し込み: 不要

講演者:黒崎龍悟先生

タイトル:「アフリカの人々の器用仕事(ブリコラージュ)に学ぶ」

概要: アフリカはおカネやモノがない貧しいところだと考えられがちです。しかし、現地で生活していると、人々が身の回りの素材をうまく組み合わせながら生活に必要なものをつくりだしていたり、あるいは遊び心を発揮していたりする場面に遭遇することができます。この報告では、タンザニアの器用仕事の実例とともに、それに学びながら現在私たちが取り組んでいる農村開発の活動について紹介します。(黒崎先生)

▶︎▶︎▶︎facebook イベントページはこちら

企画一覧へ戻る


 

アフリカ絵本展

「絵本からアフリカを知る」

 

子どもの頃にたくさん読んだ「絵本」。わたしたちだけでなく、世界中の子どもたちが絵本を読んでいます。アフリカで暮らす子どもの生活を、想像したことはありますか?アフリカの多様な側面を、わたしたち人間の生活に密着した「絵本」から、垣間見ることができるかもしれません。アフリカ絵本の展示に加えて、子どもを対象にした絵本の読み聞かせも行います。

image1

【絵本展】

展示期間:12月4日(月)~12月22日(金)
12:00〜17:00

(12日(火)17日(日)は除く。9日(土)13:00〜16:00、10日(日)13:00〜18:00は学内のアゴラカフェに移動し特記の時間のみ展示)
会場:アジア・アフリカ言語文化研究所

入場料:無料

読み聞かせ会
12/9@アゴラカフェ

12/17@紅葉丘文化センター

参加料:無料

お申し込み:不要

企画一覧へ戻る


アフリカ音楽イベント&留学生交流会

「日本とアフリカ、つながろう」

西アフリカの伝統太鼓、ジャンベを知っていますか?たたく位置と手のひらの形を変えることにより多彩な音色を奏でることのできる、シンプルでありながら実に奥深い楽器です。

当企画では、多摩美術大学ジャンべ民族音楽部さんによるジャンベ演奏会、ジャンベワークショップが行われます!!アフリカの文化に触れたい方、音楽好きの方、ぜひいらしてください!子どもも大人も大歓迎です(*^^*)♪ワークショップの後には、お食事会もありますよ。日本で新しい友達を見つけたい留学生のあなたも、アフリカからの留学生や、アフリカに興味を持つひととお話ししてみたいあなたも、ぜひお気軽にいらしてください!

image1
S_6546034341955

場所:東京外国語大学 円形食堂

参加費: 音楽会+食事会1500円(音楽会のみ400円)

お申し込み:
「メールアドレス」
もしくは
FBイベントページにて参加予定を表明

*参加申し込みメールアドレス・お問い合わせ:〔アフリカンウィークス実行委員会Gmailアカウント〕africanweeks.2017.tufs@gmail.com

*facebook イベントページはこちら

日時:12月16日(土)16:00-19:30

タイムテーブル:15:30 開場

16:00 音楽会開演

16:30-ジャンベワークショップ

17:30-写真撮影、日本の踊り披露など

18:00-食事会

19:30 解散

 

▶︎▶︎▶︎facebook イベントページはこちら

企画一覧へ戻る


 

○ルワンダコーヒー&アフリカングッズ販売

~「アフリカそのまま」のグッズ売り場~

Femme Café コーヒーの販売に合わせて、アフリカングッズを販売します。 東京外国語大学アフリカ地域専攻のFemme Caféメンバーや先生が現地で調達した、日本 ではなかなか手に入らないグッズばかりです!雑貨やお菓子など、アフリカに馴染みがな い方でも気軽に楽しめるグッズも販売しますので、高品質のルワンダコーヒーを飲みなが ら、この機会にぜひ手に取ってみてください。

12月9日(土)13:00-14:30 @アゴラグローバル付近 アフリカ絵本読み聞かせ会と同時開催
12月10日(日)15:30-17:30 @アゴラグローバル付近 エチオピア映画Teza 上映会の後
12月16日(土)15:20-16:30 @大学会館円形食堂 アフリカ音楽イベント&留学生交流会の前
12月21日(木)9:00-17:30 @研究講義棟 101教室付近

スクリーンショット 2017-10-01 23.32.47

アフリカ料理提供

「ひとはその食べるところのもの」

image1

 その土地の料理を味わうことは、その土地を知ることです。料理は、地域の気候や文化に影響を受けながら、人々の生活に寄り添い、発展してきました。

日本では、アフリカ料理になじみがある人は少ないでしょう。しかし、遠く離れた土地で人々に愛される料理を口にすれば、その土地で生きる人々の気持ちが分かるかもしれません。

あなたも、アフリカの自然と文化に育まれた素晴らしい料理を味わってみませんか?

きっと新たなアフリカが見えてくるはずです。

アフリカ料理提供@学食 最新情報(2017, 11, 01)

東京外大の学食であるミールでのアフリカ料理提供の詳細が決定しました!

12月12日 ジョロフライス(ガーナのスパイシーライス、チキン添え) 430円(仮) 限定100食

12月14日 フランゴ・ア・アフリカーナ(モザンビークのレモンクリームチキンステーキ) 350円(仮) 限定50食

※価格は変更になる場合があります。

ぜひミールに足を運んで、アフリカの味をお楽しみください!!

image4